2008年 10月 09日 ( 2 )

本日アルバイト中に読んでいた「医学研究のための多変量解析」(MEDSI)の中で、診断モデルとしての多変量解析の例で紹介されていた論文。

Diagonal earlobe creases and prognosis in patients with suspected coronary artery disease
Am.J.Med. 1996;100(2):205-211

米国のある大学病院のCCUとカテ室にかかった患者264例を10年間追跡した結果。
「耳たぶにシワ」がある人は、ない人と比較して、他のリスク因子を調整しても
冠動脈疾患のリスクが高かった。
・片側にあると・・・relative risk 1.33 (95%CI 1.10-1.61, p = 0.02)
・両側にあると・・・relative risk 1.77 (95%CI 1.21-2.59, p = 0.003)

米国人での話なので、日本人では分かりません。
もちろん耳たぶのシワが冠動脈疾患の直接的な原因な訳はないので、何らかの交絡因子があるのでしょうけど、「これぞ臨床」って感じですね。

自分の耳たぶは・・・大丈夫だった。
[PR]
Radiology review manualで鑑別疾患の見直しをしたら、出るわ出るわで・・・
訂正版です。赤字が今回追加分。

【孤立性結節影の鑑別診断 ver.2】
V (vascular/cardiogenic): 肺動静脈奇形、肺動脈瘤、肺梗塞、血腫、肺静脈瘤
                 (葉間胸水は「紛らわしいもの」へ)
I (infection): ウイルス(インフルエンザ、水痘帯状疱疹、サイトメガロ、麻疹)
          寄生虫(肺吸虫、ブタ回虫、イヌ糸状虫、エキノコッカス)
          抗酸菌(結核、非結核性抗酸菌)
          真菌症(アスペルギルス、クリプトコッカス、ムコール、カンジダ、
                histoplasma、coccidiomycosis
          細菌性肺炎・肺化膿症
          マイコプラズマ肺炎
          敗血症性肺塞栓症
          放線菌・ノカルジア症
          ゴム腫(梅毒)
  (*inflammation): 非特異的炎症性結節、限局性器質化肺炎、
              *気管支中心性肉芽腫症、*サルコイドーシス、*アミロイドーシス、
              *炎症性偽腫瘍…(fibroxanthoma, histiocytoma,
                           plasma cell granuloma
)、
              *Wegener肉芽腫症
         (*は、分類が微妙な疾患。とりあえず炎症に分類しているのであしからず)
N (neoplasm): 原発性肺癌(→bronchogenic carcinoma、
                       clear cell carcinoma,
                       giant cell carcinoma,
                       carcinoid に分類

            転移性肺腫瘍
                成人:腎、大腸、卵巣、精巣、乳・・・
                小児:Wilms tumor、osteogenic sarcoma、
                    Ewing sarcoma、
                    rhabdomyosarcoma
         
            悪性リンパ腫、
            sarcoma、
            異型腺腫様過形成(AAH)、
            pulmonary epithelioid hemangioendothelioma(昔のIVBAT)、
            過誤腫、硬化性血管腫、
            multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia(MMPH)
            plasmacytoma(primary / secondary)
            chondroma
            lipoma
            fibroma
            leiomyoma
            schwannoma, neurofibroma, paraganglioma

D (degenerative): なし
I (intoxication/exposure): 塵肺結節、
                  paraffinoma(lipoid granuloma)
C (congenital): 気管支原性嚢胞(肺野型)、気管支閉鎖症、肺分画症
A (autoimmune・allergic): リウマチ結節
T (trauma): 血腫
E (endocrine): なし
O (other): 肺内リンパ節、粘液栓(ABPAを鑑別に挙げる)、円形無気肺
        splenosis、endometrioma、extramedullary hematopoiesis
Pseudotumor
胸壁:葉間胸水、胸壁腫瘍、胸膜プラーク、縦隔腫瘍、nipple、皮膚の腫瘍、骨島、osteochondroma、肋骨骨折、osteophyte(骨棘)、ボタン


 *追加がありましたらコメント宜しくお願いします。
[PR]