ヨード造影剤のanaphylaxis


 ヨード造影剤の続きです。


ヨード造影剤によるアナフィラキシー発現の機序     
 クリックで拡大  オリジナルの図ですので、あまり参照されない方が・・・
c0177128_18434598.jpg



頻度
・入院患者の薬剤アレルギーのトップ10に常にランクイン。
  [Pharmacoepidemiol Drug Saf 1998;7:269–74.]

・造影剤によるアナフィラキシー発生率;
 高浸透圧造影剤(イオン性)で10万対71
 低浸透圧造影剤(非イオン性)で10万対35
  [Pharmacoepidemiol Drug Saf 2003;12:195–202.]

日本での調査報告あり
Adverse Reactions to Ionic and Nonionic Contrast Media: A Report from the Japanese Committee on the Safety of Contrast Media
 Radiology 1990; 175:621-628

・対象
 1986~1988年
 日本の198施設・352817例を対象
 検査・・・Urography、造影CT、digital subtraction angiography (DSA)

c0177128_18404978.jpg

c0177128_1841238.jpg

c0177128_18411690.jpg

c0177128_18413093.jpg

c0177128_18415818.jpg

c0177128_18422531.jpg

c0177128_1843344.jpg

c0177128_1843258.jpg


その他の報告から
常用薬によるリスク上昇
・βブロッカー・・・3倍
  [Ann Intern Med 1991: 115; 270-276、Arch Intern Med 1993;153:2033–40.]
・NSAIDs、アスピリン
  [Br Med J 1998: 316; 997-999, 1511-1514]
・IL-2・・・遅発性のcapillary leak syndromeの報告
  [Am J Roentogenol 1991: 156; 833-834]

その他のリスク因子
・女性
  [J Allergy Clin Immunol 1995;95:813–7.]
・一旦アナフィラキシーが起こると、男性の方が死亡率が高い
  [Pharmacoepidemiol Drug Saf 1998;7:269–74.]
・人種・・・インド系と地中海系の人は、白人より多かった
  [Invest Radiol 1980;15:S32–S39.]
・悪性腫瘍・・・腫瘍自体のヒスタミン遊離効果
  [Inflamm Res 1999;48(Suppl. 1):S47–S48.]





 ・・・長くなってきたので今回はここまで。
   次回、副作用予防法について少しだけ。



 
[PR]
by tobbyK | 2009-02-19 20:02 | 検査