【JW】malignancy患者での偶然発見肺塞栓


CTの読影をしていると、無症状の患者さんに肺塞栓を見つけることが時々あります。

どういう意義があるのかなぁ・・・と思っていたら、先日以下の論文を見つけたので読んでみました。


Incidental Pulmonary Emboli in Oncology Patients: Prevalence, CT Evaluation, and Natural History
Radiology 2006:240:246-255 (テキサス、MD Anderson)


Purpose
・malignancy患者での偶然発見肺塞栓について、頻度とnatural historyをretrospectiveに検討する。

Materials and Methods
・retrospective study
・癌患者で、適切なmultidetector thoracic CTが肺塞栓以外の目的で撮影されていた患者を対象
 →403例(男性199例, 女性204例; age range,14–87歳; 平均55歳)
   CT撮影時入院していた人は31例 (7.7%)

・CT画像は2人の放射線科医が読影
 →肺塞栓の確定は、3人の胸部放射線科医が行った

・カルテを検討
 →患者データ、当時の読影での塞栓の指摘の有無、最初のCTから2年以内の死亡率

Results
403例中、16例(4.0%)で肺塞栓あり
c0177128_18561298.jpg


・癌の種類
 婦人科癌 (2/13, 15%)とmelanoma (4/41, 10%)が多かった。
c0177128_18563656.jpg


最初のCT読影で肺塞栓をきちんと指摘されていたのは16例中4例(25%)

・16例全例で多発性であった(=少なくとも一つ異常の葉枝で認められた)

・最初のCT読影で見逃された塞栓は、「孤発性」「小動脈」という特徴があった。

・その後下肢静脈の検査をされた10例のうち、6例(60%)でDVTがあった。

・最初のCTで肺塞栓と報告された4例中3例で肺塞栓の治療が行われていた 
 (*1例は紹介医に戻っていた)

・16例中2例で再び肺塞栓が生じた:
  1例は治療中にもかかわらず死亡
  もう1例は治療無治療の患者で生じた

Conclusion
・“Incidental pulmonary emboli”は16/403例 (4%)の癌患者で認められたが、最初のCT検査で報告されたのはこのうち4例のみであった。

・見逃しの要因は、「塞栓動脈が細い場合」であった。

・小動脈の肺塞栓でも、DVTが存在している可能性があり、そして再塞栓を起こす可能性がある。




癌患者の胸部CT読影の際は、肺動脈にも気をつけないといけないですね。

ちなみに、CT検査全般で偶然肺塞栓が見つかる頻度は1-1.5%、入院患者のCTで偶然肺塞栓が見つかる確率は4-5%とのこと。今回の論文では、外来患者で3.8%、入院患者で6%でした。やはり、癌患者は肺塞栓症のリスクと言えます。

この論文では、肺塞栓のあった患者さんでは、血小板が低めの人がやや多いようでした。
この点については思い出す症例があり、うなづいてしまいました。
[PR]