カテゴリ:喘息・アレルギー( 5 )

喘息発作へのモンテルカスト上乗せ効果について。


Oral montelukast in acute asthma exacerbations: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial
Thorax 2011;66:7-11
 
英国のNorfolk & Norwich University Hospitalより

Background
ロイコトリエン拮抗薬は喘息のコントローラーとしてはエビデンスがあるが、急性期における効果は明らかではない。

Methods
対象:入院必要な87例の成人
    ⇒無作為に、montelukast群とplacebo群に分類
介入:夕方にmontelukast 10mg服用×4週間(退院後も服用すると言う事)
    全症例呼吸器科医にコンサルトの上入院
    BTSのガイドラインに基づいたfull careを受ける

primary end point:入院翌朝のPEF(気管支拡張薬使用後)の差

Results
73例で検討できた
入院時:montelukast群(n=37)…227.6±656.9 l/min (47.6% predicted)
     placebo群(n=36)…240.3±699.8 l/min (49.6% predicted)
  ↓
入院翌朝:montelukast群…389.6±6109.7 l/min (81.4% predicted)
      placebo群…332.3±6124.9 l/min (69.8% predicted)
       (p=0.046)

群間のPEFの平均差は57.4 l/min (95% CI of 1.15 to 113.6 l/min or 1.95-21.2% predicted)

Conclusion
喘息発作での入院後、経口montelukast追加は翌朝のPEFを改善させる



 追試してみたいです。
[PR]

花粉症の季節。治療薬・治療法の分類メモ。(商品名:一般名、という記載にしています)

1.ケミカルメディエーターの、
 遊離抑制薬(肥満細胞安定薬)

  インタール:クロモグリク酸ナトリウム
  リザベン:トラニラスト
  ソルファ:アンレキサノクス
  アレギサール、ペミラストン:ペミロラストカリウム

 受容体拮抗薬
  H1 blocker
   第1世代
    ポララミン:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
    タベジール:クレマスチンフマル酸塩
   第2世代(一応眠い順)
    ザジテン:ケトチフェンフマル酸
    セルテクト:オキサトミド
    ジルテック:セチリジン塩酸塩
    ゼスラン・ニポラジン:メキタジン
    アゼプチン:アゼラスチン塩酸塩
    アレロック:オロパタジン塩酸塩
    エバステル:エバスチン
    アレジオン:エピナスチン塩酸塩
    アレグラ:フェキソフェナジン塩酸塩
    -以下は眠さレベル把握しておらず-
    ダレン、レミカット:エメダスチンフマル酸塩
    リボスチン:レボカバスチン塩酸塩
    タリオン:ベポタスチンベシル塩酸塩
    クラリチン:ロラタジン

   ロイコトリエン受容体拮抗薬
    オノン:プランルカスト
    シングレア、キプレス:モンテルカストナトリウム

   プロスタグランジンD2・トロンボキサンA受容体拮抗薬
    バイナス:ラマトロバン

2.Th2サイトカイン阻害薬
   アイピーディ:スプラタストトシル酸塩

3.ステロイド薬
   鼻噴霧用
    アルデシンAQネーザル、リノコート:べクロメタゾンプロピオン酸エステル
    フルナーゼ:フルチカゾンプロピオン酸エステル
    ナゾネックス:モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物
   経口用
    セレスタミン:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩・べタメタゾン配合物

4.その他
   非特異的変調療法薬
   漢方薬
   生物製剤 
   手術
    凝固壊死法
     高周波電気凝固法
     レーザー法
     トリクロール酢酸法
    切除
     鼻腔整復術
     下鼻甲介粘膜広範切除術
     鼻茸切除術
     Vidian神経切断術
     後鼻神経切断術



- 徒然 -

先週末は、定期的に福岡で2年間続いていたミーティングの最終回と、その打ち上げ。

何事も終わりが来るものだなぁと感慨深く思っていたら、

「じゃあ次回は・・・」って、、、

ミーティングはペースを落としてまだまだ続く模様。

その後、久しぶりにアツイ話をしながらAM2時まで・・・
[PR]

小児の喘息発作時の全身ステロイド投与について簡単なレビューがありました。
Use of dexamethasone and prednisone in acute asthma exacerbations in pediatric patients
Can Fam Physician Vol. 55, No. 7, July 2009, pp.704 - 706


 ・喘息発作時の短期間全身投与は、Cochrane reviewによれば安全性が高く有効
 ・経口・静注の投与法による差はない
 ・デキサメサゾンとプレドニゾロンの差も大きくはない

β刺激薬吸入・インタール吸入・テオフィリン点滴 → 動悸・嘔吐・喘息発作は収まらず・・・
という小児を、過去救急外来でたくさん見てきました。

小児喘息治療の現状はどんなものか勉強不足なのですが、
いつか小児科の先生と一緒に喘息に関する仕事をしたいな、と思っています。





 「その人」

AM7時00分に病院に着くと、
その人は仮眠室のベッドで白衣のまま寝ていた。
夜中に90歳の誤嚥性肺炎の患者さんが急変したらしい。

AM7時30分にむくっと起きて、
病棟で指示を出し、
その後カンファレンスを始める。

AM8時30分からは外来。
その人の外来日は毎日だ。
今日も予約患者だけで40人。

PM1時30分から、
外来の合間を縫って気管支鏡をする。
空腹はお菓子で紛らわす。

PM3時くらいに、
やっと外来が終わる。
新規入院は出来るだけ若手に振ったが、
その人の受け持ちも2人増えている。
さあ、病棟回診。

PM5時から、
胸部CTを研修医に教えながら読影する。
この病院には放射線科医が1人しかいないから、
読影所見は呼吸器内科でつけている。

PM5時30分になった。
今日は当直だ。
その人は40代半ばだが、当直は月に3~4回ある。

PM6時、
早速救急外来から呼び出される。
意識障害の患者が救急搬送されて来たらしい。
病棟からも「患者さんの家族が病状説明を希望している」とコールが。
・・・今日も長い夜になりそうだ。

PM11時、
医局で講演会のスライドを作成する。
若手向けの勉強会の準備もしなければ。

AM2~6時までは、
1時間おきに呼び出された。
今から1時間くらい眠れるだろうか。
そして、多分こう思った。
「今日は、若手と飲みに行こう」



最近ひょんな事から思い出しましたので、
私が研修医の頃にお世話になった先生について描写してみました。
医師になって最初の頃の出会いって、本当に大切だと思います。
[PR]
よく小・中学校のプールで塩素の白い粉を踏んでました。懐かしい・・・
今回は、その塩素が喘息のリスクだと言う論文です。このこと自体は前から言われているのですが、今回は室外プールで検討したものがERJに出ていました。

Outdoor swimming pools and the risks of asthma and allergies during adolescence
Eur Respir J 2008; 32: 979–988 (ベルギー)

Background
・著者の以前の研究で、10-13歳の児童において、室内プールの定期利用児は、非定期利用児に比較して喘鳴が50%多く、胸部圧迫が4倍、息切れが2倍以上高いことが報告されている。

Prupose
・上記の背景に基づき、今度は室外プール使用頻度で検討する

Materials and Methods
・塩素消毒された室内/室外プールを、様々な割合で使用した847人の中学生について検討
 ⇒質問用紙と呼気NO、血液検査施行
・main outcomes:
 ①ever asthma(1回でも医師に診断された喘息)
 ②current asthma(投薬されている ± 運動誘発気管支収縮を伴う喘息)
 ③呼気NOの上昇
 ④空気中のアレルゲンに対する特異的な血清IgE値
 *児童を室外プールで過ごした時間の長さで分類して比較検討
  ⇒0、0-100、100-500、500時間以上

Results
①ever asthma
 室内プール使用時間<250時間(少なめ)の児童において、
 ・室外プール500時間以上の児童と0時間の児童を比較すると、RR≒4
②current asthma(投薬されているever asthma±運動誘発気管支収縮を伴う喘息)
 室内プール使用時間<250時間の児童において、
 ・室外プール500時間以上の児童と0時間の児童を比較すると、RR≒8
③呼気NOの上昇
 7歳までに住宅の室外プールを50時間以上使用した児童とそうでない児童の比較で、
  OR=2.67
*これらの児童では、ネコと家ダニに対するIgE上昇のリスクも高かった
  OR=2.57, 2.42
④空気中のアレルゲンに対する特異的な血清IgE値
 室内プール使用時間<500時間の児童において、
 ・血清IgE>25 kIU/Lの児童とそうでない児童の比較で、喘息のオッズが有意に上昇
  これは、室外プール使用時間が100時間増えるごとに1-2ずつ増加した

Conclusion
・室外の塩素消毒されたプール使用は喘息のリスク。

感想
家にプールがあるとダニが多いのは何となく分かるが、ネコもいるのか・・・それとも感作されやすくなるのでしょうか?きちんとディスカッション読んでないから不明ですが、パッと見たところではそんなこと書いてなかった気がします。
体に良いからと、喘息の子供がたくさん泳がされていた可能性はないのか?とも少し思いました。外人の常識は分かりませんが。
とにかく、屋内外に関わらず塩素消毒プールはある一定の喘息のリスクであり、親が喘息、血清IgEが高いなどのハイリスク群では注意が必要、ということで良いでしょうか?

少しそれますが、受動喫煙が室内プールの利用と組み合わされることにより、喘息のリスクがより上昇することが、この著者の以前の研究で報告されています。
私は呼吸器内科のくせに禁煙ブームに少し違和感を感じている人間ですが、子供がいる方はどうかやめてあげて下さい。
c0177128_541454.jpg
                         もう乗り慣れたコアラ
[PR]
- Journal Watch シリーズ -

僕はアレルギー性鼻炎持ちです。抗原はダニです。
そして、呼気NOも高目・・・
鼻炎と喘息の関係についてLancetから。この号のLancetは喘息特集です。

Rhinitis and onset of asthma: a longitudinal population-based study
Lancet 2008; 372: 1049–57
(European Community Respiratory Health Survey (ECRHS);西欧14ヶ国の疫学調査グループ)

Background
・喘息とアレルギー性鼻炎がよく合併し、密接な関連があると言われている。
・いくつかの縦断的検討から、アレルギー性鼻炎がよく喘息に先行するため、喘息のリスクファクターではないかと言われている。しかし、正確な検討はなされていない。
・European Community Respiratory Health Survey (ECRHS)のデータを用い、allergicとnon-allergic rhinitisを平均8.8年間追跡し、喘息の発症について検討した。

Methods
・longitudinal population-based study
・29 centres (14 countries) mostly in western Europe.
・6461例(aged 20–44 years)、開始当初は喘息なし
・喘息発症の基準:喘息様の症状がある+医師の診断
・Atopyの診断基準:skin-prick test陽性(ダニ、ネコ、アルテルナリア、Cladosporium、イネ科、カバノキ属、イラクサ、オリーブ、ブタクサ)
・対象者はbaselineで4グループに分類:
 1)controls (no atopy, no rhinitis; n=3163)
 2)atopy only (atopy, no rhinitis; n=704)
 3)non-allergic rhinitis (rhinitis, no atopy; n=1377)
 4)allergic rhinitis (atopy+rhinitis; n=1217).
 ⇒Cox比例ハザードモデルで、喘息発症をイベントとし、この4グループを比較検討。

Findings
平均追跡期間8.8年間での喘息の累積発症
 Total:140イベント(2.2%)
 1)controls…36イベント(1.1%)
 2)atopy only…13イベント(1.9%)
 3)non-allergic rhinitis…42イベント(3.1%)
 4)allergic rhinitis…49イベント(4.0%)     
 ⇒グループ間の差あり(p<0·0001)
c0177128_22521034.jpg
                                   (クリックで拡大)
☆country, sex, baseline age, body-mass index, FEV1, log total IgE, family history of asthma, smokingを調整し、4グループの喘息発症のrelative riskについて検討
 1)controls…-
 2)atopy only…1.63 (95%CI; 0.82–3.24)
 3)non-allergic rhinitis…2.71 (95%CI; 1.64–4.46)
 4)allergic rhinitis…3.53 (95%CI; 2.11–5.91)      
 *アレルギー性鼻炎の場合、他の抗原と比較しダニ感作された者において喘息の発症率が
  高かった(adjusted RR 2.79 [95%CI; 1.57–4.96])

Interpretation
鼻炎は、アトピーがなくても、喘息発症の強いリスク因子である。

ダニ抗原陽性はダメですか・・・そうですか・・・。
そういえば、肺機能検査正常の喘息様症状を呈する患者への吸入ステロイドの効果について、ERJの今月号に書いてあったな・・・読んでみます。

c0177128_2335252.jpg
                飛行機が大好きすぎて興奮する娘
[PR]