カテゴリ:心血管疾患( 1 )

「心不全か肺炎か?」

臨床上しばしば問題になり、
呼吸器科と循環器科の仲がギクシャクする原因になっている
・・・という噂が。
そう言えば、あちこち転々としてきましたが、
呼吸器科と循環器科の関係が「とても良好」と言えたのは一施設だけでした。
どちらが良くてどちらが悪い、とか、
そういう事を言いたいのではありませんので悪しからず。

個人的には、急性冠症候群や弁膜症などの専門治療が必要でなければ、
呼吸器科で診ても良いのでは・・・と思っています。
呼吸管理については呼吸器科の方が得意だと思いますし。

EHFSⅡ study(Eur Heart J 2006)によると、急性心不全の誘引は
 急性冠症候群 30.2%;肺水腫の49%、心原性ショックの72%
 不整脈 32.4%
 弁膜症 26.8%
 感染症 17.6%
 治療コンプライアンス不良 22.2%

です。肺炎を誘引とする急性心不全は結構多い気がしていましたが、
全体で見るとやはりこの程度ですね。

私自身が循環器の先生方にお願いしたいことはただ一つです。
「EF正常だしBNPもしょぼいので、心不全はないです」とは言わないで欲しい

そもそも心不全の診断基準にはそんな事書いてないし、
EFが保たれているケースが40-50%と分かってきています。
また、初期診断で「心不全は無い」と言ってしまうと、
安定期/慢性期管理の依頼がスムーズに行きません・・・

もちろん呼吸器科医も心疾患について学ばなければならないです。
呼吸器疾患では心血管疾患の合併も多いですし。
慢性疾患患者さんのスクリーニング、血圧などのリスク因子管理について、
内科医として自分ももっと意識したいと思います。
[PR]