カテゴリ:漢方( 1 )


以前いた病院で受けた、漢方科の先生のレクチャーを軽くまとめたものです。
最近はあまり漢方を処方していないので、かなり久しぶりに見直しました。


大原則:「証」に従い処方する

証とは…漢方医学的な病態診断(あくまで現時点での)「証を立てる」
・西洋医学的な「疾患名」とは異なる
 →同じ「疾患名」でも、「証」が異なる事があるため、漢方処方が異なる

漢方医学的診察
・望診=視診
・問診
・聞診=聴診+臭いを嗅ぐ
・切診=触診

基本的な漢方理論
・漢方医学では闘病反応は、
「生体の恒常性を維持する力(正気・体力)」VS 「生体に対する外乱因子の力(病邪・病毒)」で起こると考えられる

1.陰陽・虚実
○陰陽
・外乱因子への生体反応の「質」を表現する言葉
 陰…「寒い・薄い」感じの反応
 陽…「熱い・濃い」感じの反応

例;同じ感冒でも、
 ●微熱+軽いのどの痛み+だるい+ふとんに入って動かない → 陰証
 ●高熱+咳が強い+寒気も強い+節々が痛む → 陽証

*寒熱:局所的な病状を認識する表現で、陰陽の一部を構成する
 寒:冷感 血流低下 温度低下
 熱:熱感 充血 温度上昇
 「顔が火照って足が冷える」→上熱下寒
 
○虚実
・外乱因子に犯されてた時の生体反応の強さ(=気血・エネルギーの量)を表現する言葉
 弱い→「虚」
 強い→「実」

1.強い正気VS弱い病邪 → 病気にはならない
2.強い正気VS強い病邪 → 実
3.弱い正気VS弱い病邪 → 虚
4.弱い正気VS強い病邪 → 著しい虚
c0177128_7415953.jpg

どのポイントに患者さんが居て、どのベクトルが必要か?が大切。

2.六病位
・体力と病毒のバランスで、
 発症⇔太陽病期⇔少陽病期⇔陽明病期⇔太陰病期⇔少陰病期⇔厥陰病期⇔死
 の、6つの病気に分ける。
 「陽」がつく3つの病期が「陽証病期」、「陰」のつく3つの病期が「陰証病期」

・代表的な症状と薬剤
 太陽病期:悪寒・発熱・項背部の強ばり・頭痛・疼痛・関節痛・脈浮く
  (代表薬剤)葛根湯、桂枝湯
 少陽病期:悪心嘔吐・食欲不振・胸内苦悶・胸脇苦満・弛張熱・脈弦
  (代表薬剤)小柴胡湯、桂枝茯苓丸
 陽明病期:腹満・便秘・口渇・稽留熱・身体の内部の熱感
  (代表薬剤)白虎湯、大承気湯
 太陰病期:腹満・心下痞鞭・腹痛・下痢・食欲不振・腹の冷え・脈弱
  (代表方剤)人参湯・小建中湯
 少陰病期:全身倦怠・手足の冷え・下痢・背部悪寒・胸内苦悶・脈沈弱
  (代表方剤)麻黄附子細辛湯
 厥陰病期:口内乾燥・胸内苦悶・下痢・全身の冷え・時に熱感・脈弱
  (代表方剤)茯苓四逆湯

3.気・血・水
・気:体の目に見えない力
   気虚…気が不足する;やる気がでない・だるい
   気逆…気が上逆する:のぼせる・足が冷える・イライラ
   気鬱…気が鬱滞する;抑鬱・症状の消長・腹満
・血:体を廻る赤色の液体
   お血…血が滞る;しみ・くま・生理不順・臍傍圧痛
   血虚…血が不足する;貧血・めまい・動悸・皮膚乾燥
・水;体を廻る無色の液体
   水滞…水が滞る;むくみ・めまい・尿の異常

4.五臓論
「肝・心・脾・肺・腎」 
 *臓器の事ではない

・肝
1.精神活動を安定化
2.新陳代謝
3.血を貯蔵し、全身に栄養を供給
4.骨格筋のトーヌスを維持
(失調病態)神経過敏、易怒性、いらいら
      蕁麻疹、黄疸、月経異常、貧血
      頭痛、めまい、筋肉の痙攣
      腹直筋の緊張、季助部痛
      眼精疲労・爪の成長障害
 *過剰な「怒り」は肝の失調を招く

・心
1.意識水準を保つ
2.睡眠・覚醒のリズムを調整
3.血を循環させる
(失調病態)不安感、焦燥感、集中力低下、
      興奮、不眠、嗜眠、多夢、逆上感、
      動悸、息切れ、徐脈、結代
      胸内苦悶感、
      発作性の顔面紅潮、熱感、舌炎
 *過剰な「喜び」は「心」の失調を招く

・脾
1.食物を消化吸収し、水穀の気(飲食物のエネルギーを体に取り入れたもの)を生成
2.血の流通をなめらかにし、血管からの漏出を防ぐ
3.筋肉の生成・維持を行う
(失調病態)食欲低下、消化不良、悪心、嘔吐
      胃もたれ、腹部膨満感、腹痛、下痢
      脱力感、四肢が重だるい、筋萎縮
      考え込む、抑鬱
 *過剰な「思い」は「脾」の失調を招く

・肺
1.呼吸により宗気(空気のエネルギー)を摂取
2.水穀の気の一部を赤色化し血を生成。また、一部を水に転化する
3.皮膚の機能を制御し、その防衛力を保持する。 
(失調病態)咳嗽、喀痰、喘鳴、鼻汁、呼吸困難
      息切れ、胸の閉塞感、気道粘膜乾燥
      発汗異常、かゆみ、憂鬱、悲しみ
      風邪を引きやすい
 *過剰な「憂い」は「肺」の失調を招くとされる。


1.成長、発育、生殖能を制御
2.骨、歯牙の形成維持
3.水分代謝の調整、呼吸能の維持。思考力・判断力・集中力の維持
(失調病態)性欲低下、不妊、骨の退行性変化
      腰痛、歯牙脱落、浮腫、夜間尿
      眼や皮膚の乾燥、息切れ
      健忘、根気がない、易驚性
      白内障、難聴、耳鳴
 *過剰な「恐れ」は「腎」の失調を招くとされる。

 ⇒どのシステムの異常か?を症状の組み合わせから考える


いつかちゃんと勉強したいと思っているのですが・・・
しばらくは自分の身体(特に肩こり)で時々試す程度になりそう。
[PR]
by tobbyK | 2009-03-19 23:58 | 漢方