カテゴリ:Neurology( 2 )


タイトルのような状況では、どうすべきなのか?
まとめの論文がありました。

Pooled analysis of patients with thunderclap headache evaluated by CT and LP: Is angiography necessary in patients with negative evaluations?
Journal of the Neurological Sciences 2009;276:123-125 (米国)

Background
・重度の突発性頭痛(thunderclap headache)の場合、くも膜下出血(SAH)を疑う。
・現在のstandardなwork-upは、
 まずbrain CT scan
 →CTで出血を認めず、神経学的所見もない場合には・・・
 →腰椎穿刺(LP)
 *このような状況では、angiographyも診断に有効という意見もある。
・thunderclap headacheに対するbrain CT+LPの診断法は、SAHの除外にどの程度有効なのか?また、angiographyは本当に必要か?

Materials and Methods
・thunderclap headacheがあり、神経学的所見がなく、CTで出血がなかった症例について、少なくとも1年以上経過フォローしているstudyをレビュー。
・SAHを発症した患者の割合を調べた。

Results
・7つのstudyがあった。合計813例。
・一人もSAHを発症していなかった!!!
 (pooled proportion=0, upper 95% confidence bound=0.004).

Conclusion
・thunderclap headache+normal neurological exam+normal CT+normal LPの症例では、angiographyを行わなくても良いだろう。
・このような症例の鑑別診断として、cerebral venous thrombosisやarterial dissectionを考えなくてはいけない。



「腰椎穿刺でキサントクロミーがあったが、トラウマタップと判断して経過観察したために再出血を起こしたSAHの症例があり、担当医が訴えられた」というケースがあったような。

とにかく、病歴が命のような疾患です。。。
[PR]

いつもカリカリしたり、何でもネガティブに捉えたりするのは、出来るだけやめましょう。

脳にも悪いようです。


Socially Active and Not Easily Stressed? You May Not Develop Dementia
 Neurology January 20, 2009 (スウェーデン)

・506人の高齢者でアンケートをし、その後追跡調査
 ⇒144人がdementia発症。その解析。

・社会的活動性が高くない人達では・・・
穏やかでリラックスしている人は、精神的に疲れやすい(ナーバスな)人と比較し、dementia発生のリスクが50%低かった。

・外向的な人達では・・・
穏やかな人は、精神的に疲れやすい(ナーバスな)人と比較し、やはりdementia発生のリスクが50%低かった。


“calm and outgoing personality in combination with a socially active lifestyle”
これがdementia予防に重要だそうです。

ライフスタイルは少しずつ変えることが出来るので、そうなれるように努力したいと思います。
性格はどうでしょうね・・・?
性格が絡むから、ライフスタイルもそう簡単にはいかないか・・・?
いずれにしろ、自分はまだまだ未熟です。

TPOによるとは思いますが、出来るだけ周囲にもネガティブな雰囲気を撒き散らさないようにしないといけませんね。自分のためにも、他人のためにも。
[PR]