カテゴリ:ICU管理( 2 )


とうとうNICE-SUGAR studyの結果が出ました。
最初はNEJMのpodcastで聴きました。


Intensive versus conventional glucose control in critically ill patients.
 N Engl J Med. 2009 Mar 26;360(13):1283-97.

Background
・重症患者における血糖コントロールの目標値は、これまではっきりしていなかった。
 ⇒多施設RCTによりこれを検討する。

Materials and Methods
・ICUに3日以上入院すると予測された患者6,104人
 ⇒ICU入室後24時間以内に無作為に2群に分類
   強化血糖コントロール群:81~108mg/dLを目標に血糖管理
   従来型血糖コントロール群:180mg/dL以下を目標に血糖管理

・90日以内の死亡をprimary endpointに設定

Results
・90日以内死亡率
 強化血糖コントロール群:27.5% (829例)
 従来型血糖コントロール群:24.9%(751例)
 ⇒OR 1.14; 95%CI 1.02~1.28, p=0.02

・ICU入室期間、入院期間、人工呼吸を要した期間、透析を要した期間については、いずれも有意差なし

・外科/内科治療患者のいずれにおいても同様の傾向あり。

・重篤な低血糖の発生率(血糖値40mg/dL以下);
 強化血糖コントロール群:0.5% 6.8%
 従来型血糖コントロール群:6.8% 0.5%
 ⇒ p<0.001

Conclusion
・ICUの重症患者では、より厳密な血糖管理よりも、180mg/dL以下を目標に血糖管理した方が良い。




これまで、American Diabetes AssociationとSurviving Sepsis Campaignは、重症患者に対する厳格な血糖コントロールを推奨していました(SSCG2008では150mg/dl以下に変更)。しかし、それは1つのtrial(術後ICU患者)にしか基づいていませんでした(van den Berghe G et al. N Engl J Med. 2001;345(19):1359-1367.)。他のstudyでは結果は様々であり、致死的な低血糖の報告もあったので、再検討が必要でした。
昨年のJAMA(JAMA. 2008;300(8):933-944.)ではメタアナリシスを行っており、厳格な血糖管理の利点はない、というような結果でした。そこで待たれていたのが、今回のNICE-SUGAR studyでした。

現実的な結果で、少し安心しました。
過去に厳格な血糖コントロールをしようとして、低血糖を経験したことがあるもので・・・
[PR]
最近ICUから離れているので・・・
再勉強。

たまたま目にとまった論文にあった、シンバイオティクスについて少し勉強してみました。
大阪大学の高度救命救急センターのサイトに説明あり。

ヤクルト飲もうかな・・・


・高度侵襲時の多臓器不全の原因の一つにBacterial translocationがある
  ⇒ "Gut origin sepsis"
 ゆえに、重症患者における腸管保護は重要であり注目されているが、
 今のところ集中治療のガイドラインには何も書かれていない。

・シンバイオティクス=プロバイオティクス(生菌)+プレバイオティクス(菌の増殖因子)
 生菌・・・Bifidobacterium breve,Lactobacillus casei、Lactobacillus plantarum等
 プレバイオティクス・・・オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、オート麦等

・過去に有効と報告された疾患:
   SIRS [J Trauma 60:126-133,2006, Crit Care Med 33(suppL):A9, 2005]
   IBD
   急性膵炎 [Br J Surg 89:1103-1107,2002]
   肝移植 [Transplantation 74:123-127,2002,
          Am J Transplant 5:125-130,2005]
   胆管癌 [Arch Surg 390:104-113,2005]       など

・問題点
 重症の腸管蠕動不全や腸炎の場合に、腸管まで届かない、もしくは有効に機能しない。



冷蔵庫探したが、ヤクルトなかった。。。
[PR]