カテゴリ:肺機能( 4 )

久しぶりの更新です。

最近はやるべき事・考えるべき事が色々あり、帰宅するとバタンキューの生活です。
本日はわりとゆっくり過ごせておりますので、更新しました。

目に付いた論文。CTを使用した術後肺機能の検討について。

Computed tomography-defined functional lung volume after segmentectomy versus lobectomy
 Eur J Cardiothorac Surg 2010;37:1433-1437.
 山口大学より

Objective
・肺の区域切除は肺葉切除と比較し切除範囲が少ないが、臨床的にどのくらい利益があるのか分かっていない。機能の観点からそれを明らかにする。

Methods
・過去5年間でstage1の肺癌のために区域切除を施行された40例と、肺葉切除を施行された患者で、条件をmatchさせた40例を比較。
・比較する点…切除される方の肺の術前の機能的容積(切除予定部分と残存部分各々)、対側肺の機能的容積を、術前と手術6ヵ月後にCTで計測。
・CTでの計測法…肺の機能的容積の定義は、CTで正常肺野濃度(–600 to –910 Hounsfield units (HUs))を呈する部分とした。
・さらに、stage1の肺癌のため肺切除を施行された他の42例の患者において、CTでの機能的肺容積と呼吸機能の関連を検討した。

Results
・機能的肺容積の切除量;
 区域切除では11.6% ⇔ 肺葉切除では24.5% (P < 0.001)

・術前後での機能的肺容積の喪失率
 区域切除では8.3% ⇔ 肺葉切除では9.2% ⇒ 有意差なし(P = 0.7)
 ⇒残存肺の容積がいずれの場合も増加したため

・術後の機能的肺容積の増加と呼吸機能の改善は相関していた (R = 0.6, P < 0.001)

Conclusion
・区域切除は切除容積は少ないものの、肺葉切除と比較して術後の機能的肺容積が有意に増加するものではなかった。
・肺葉切除の場合、術後に残存肺がより拡張するためと考えられる。


ほぼ同じような研究をしようと以前から企画していたのですが、、
外科医から「う~ん」と何回か言われてストップしていました。
やっぱりやってみようと思います。



- 徒然 - 

埼玉県の食の名物はひそかに「ウナギ」らしく、
あの石川遼選手の出身地ちかくの有名なウナギ屋さんに
少し前に行ってみました。
ウナギの刺身(!)・・・フォアグラのウナギ巻(!!)・・・白焼、そして蒲焼・・・
この先半年間はウナギはいらない、と思っています。
脂が強烈でした。

ところで、この春から勤務している病院には呼吸器外科が無いので、
週に半日だけ近くの病院の外科にOpe見学に行っています。
胸郭や肺を生で見たり外科医とディスカッションするのは本当に勉強になります。
[PR]

歴史を知る事はとても大切だと思います。
勉強不足ですが・・・

「Nunn's Applied Respiratory Physiology」のCh.13 "The history of respiratory physiology"を時々読んでいますが、結構面白いです。


今回は、古代エジプト文明~古代ギリシャ文明までのメモを。

呼吸生理の歴史
・呼吸生理の歴史は長いが、発展・停滞・後退の時期あり。
・呼吸が生命にとって重要だと言うことは人類が生まれたときから分かっていたが、なぜそうなのかなかなか分からなかった。

古代文明(ancient civilisations)
1.古代エジプト
・古代エジプト文明はBC3100-BC332(ギリシャ・ローマ時代が始まるあたりまで)
・呼吸生理に関する記述がたくさんあったが、AD500頃より誰も字が読めなくなってしまった
 →19世紀の考古学者がコプト語(Coptic language)を用いて翻訳が出来るようになった
 →BC1820年頃の医学的記述が読めた(「Kahun papyrus」と呼ばれる)

・Medical papyri
 多くの書物(papyri)は、特定の症状に対する「レシピ」について記述
 最も長く、そして最も有名なのは「Ebers papyrus」である
 ⇒ これはBC1534のものであり、それ以前の多くの仕事の編纂。
   呼吸生理についても言及している!
   「空気は鼻から入り、心臓と肺に届く。そして全身に送られる」
   この書物には、「metu」というものについての記載が各セクションにあり、 
   「metu」は「湿気と空気」を全身に送る導管とされていた
  → 今で言うと「metu」は、おそらく血管のことだが、腱や筋肉、尿管なども含むと思われる

・2つの「metu」は耳にあるとされ、右耳からは生の息吹が入り、左肺からは死の吐息が入る、
 とされていた  → 医学の魔術的な側面あり

・古代エジプト人が死体の防腐処置を行っていた事を考えると、この原始的な解剖学的知見は驚きであった。実際、防腐処置はわずかな切開処置がなされていたが、その程度では内臓の解剖は分からなかっただろう。


2.古代ギリシャ
・ギリシャの物書きは哲学者であり、また医師でもあった
 → Hippocrates(BC460-377)が最初の医学校を創設

・Anaximenes(BC570-?)
 “pneuma”もしくはairが生命にとって重要であるとした。

・Alcmaeon
 「山羊は耳で呼吸をする。鼻から入る空気もあり、それは直接脳へ届く」

・ Empedocles(BC495-435)
 Anaximenesの記述の大部分に反論
 ⇒ 「呼吸は皮膚で行われ、心臓からの血流は潮のように波がある」
 → 生理学と哲学を結びつけた
   「"innate heat"は心臓にあり(魂と同じようなもの)、心臓により全身に送られる」
 → この説は古代ギリシャで広く受け入れられた(heat generation within the heart)
 → その後1000年間呼吸生理の中心説となった

・プラトン(BC427-347、学校はアカデメイア)、アリストテレス(BC384-322、アカデメイアの学生)、ヒポクラテス(BC460-377、学校はコス島に)の学校の書物は、呼吸についてのみならず、科学的な手法や考え方についても大量に記載されている。 
 → この後、哲学者-医師(philosopher-physician)は、生理学の研究において、
   より科学的な手法を取り入れるようになった。
   = 解剖が多く行われるようになった(人間、動物)

・プトレマイオス2世の支配するアレクサンドリアで解剖がよく行われた。
 → エジプト人には解剖禁止令があったが、ほとんどギリシャ人の支配下で行われた。
    その後動物の生体解剖が主流となったが、犯罪者の生体解剖も行われていた!
    (それに抗議する書物も残っている!)

・Herophilus(BC325あたり)
 動脈と静脈を区別し、アリストテレスと一緒に、ここに空気が入っている、と断言した

・Erasistratus(BC304-250)
 呼吸の研究に科学の原則を用いた
  空気は肺で取り込まれ、肺動脈により心臓に届けられるとした
  心臓で空気は「vital spirit」に変換され、動脈を通じて全身に送られる
  脳では、「vital spirit」を「animal spirit」に変換
  これは中空の神経を通って筋肉を動かす
 *心臓の一方向弁に気付いたが、心臓の働きの説明に用いる事が出来なかった
 → 彼以降、ギリシャの興味は哲学と身体の科学に移り、生理学の発達は400年間おあずけ




名前が難しいですが、読んでいると慣れてきます。
暇なときにだらだら読もうと思います。
そんな暇はない!という気もしますが・・・
[PR]

最近後輩から「子供が生まれた」との連絡があり、そんなわけでこの論文に引っかかりました。


Effect of breastfeeding duration on lung function at age 10 years: a prospective birth cohort study
Thorax. 2009 Jan;64(1):62-6. (英国・米国)

・母乳栄養の子供と、母乳栄養なしの子供の、いずれも10歳児の時点での肺機能を比較
 ⇒FVC、FEV1、PEFいずれも母乳栄養4ヶ月以上の群で良かったというもの
・肺の容量の差が第一であり、FEV1やPEFはこれにともなう二次的なものであろうと考えられた。

・母乳栄養で肺の容量が大きくなる機序としては、母乳による感染への防御効果と、母乳を吸うことによる肺の成長促進効果が考えられているとのこと。



母乳栄養の方が良い事尽くめに思えますが、核家族化が進んだ現代社会では、お母さんは色々と大変なのです・・・「母乳じゃなきゃダメ」と思い込んで、疲れ果ててしまうお母さんも多いらしいので・・・
何事も、決めつけとか強迫観念が一番の敵で、バランスが大切ですよね。


何はともあれ、おめでとうございます!!
[PR]
Nunn、West、肺機能セミナー・・・色々試しましたが、
呼吸生理はいったん分かった気になっても、すぐに忘れてしまいます。

今回面白いサイトを見つけました。

SpirXpert

このサイトも参考に、再勉強してみようと思います。

呼吸生理こそが呼吸器内科のアイデンティティなのかな?
[PR]