カテゴリ:診察( 2 )


~ 1819年、フランスのLaennecが木製の筒型聴診器を発明し、呼吸の副雑音を5つに分類した。このとき既に現在の分類とほぼ同じものが出来ていたが、全て“Rale”と言う言葉を用い、性質を示す言葉をその頭につけるようにした。しかし、その後患者が“Rale”=“death rattle;死期喘鳴”と思い込み始めたため、患者の前では“Rhonchus”と言うようになった ~


~ そもそも「音」とは? (wikipediaより)~
物理学において音とは物体を通して縦波として伝わる力学的エネルギーの変動のことであり、波動としての特徴(周波数・波長・周期・振幅・速度など)を持つ音波として表せる。
音波を伝える物質は媒質と呼ばれる。音波は圧力変動の波動として伝わり、ある点での密度の変動を引き起こす。媒質中の粒子はこの波によって位置を変え、振動する。音について研究する物理学の分野は音響学と呼ばれる。


音響学・・・ネット上にフリーソフトがいっぱいあるなぁ・・・



- 徒然 -

診療所にて超高齢者のCPRに続き、3歳の髄膜炎疑いの搬送・・・
色々な意味で難しさを感じます。

ところで、最近真夜中の単純作業中に見流し・聞き流ししているもの。

1. 国会中継の録画動画
面白さ(不謹慎か?)が分かる年齢になったのか、最近の国会が単純に面白いのか・・・

2. 「外事警察」(NHK、録画)
2ヶ月くらいかけてやっと見終わりました。
ここ10年で一番面白い日本のドラマだと思いました。
(医師になってからは数本しかちゃんとドラマ見ていませんけど)
[PR]
by tobbyK | 2010-02-12 19:50 | 診察
突然ですが、「ばち指;Clubbing」の鑑別診断について。
(結核の画像にちょっと飽きてきたもので・・・)

ヒポクラテスが紀元前400年に膿胸の患者でこの所見を記述していたとのこと。

Clubbing: An update on diagnosis, differential diagnosis, pathophysiology, and clinical relevance
J Am Acad Dermatol 2005;52:1020-8. ピッツバーグ

c0177128_22454422.jpg

c0177128_22455359.jpg


◎片側のClubbingの鑑別:麻痺か血流障害が原因のほとんど (クリックで拡大)
c0177128_2259816.jpg

c0177128_2246186.jpg

◎両側のClubbingの鑑別:HOA(一次・二次性)、肺疾患(COPDは少ない)、その他 
       (クリックで拡大)
c0177128_2246919.jpg

Neoplastic:
  Bronchogenic carcinoma
  Pleural tumors
  Lymphoma
  Nasopharyngeal carcinoma
  Mesothelioma
Pulmonary:
  CF
  Hypersensitivity pneumonitis
  IPF
  Pulmonary AVM
  Hepatopulmonary syndrome
  Sarcoidosis
Cardiac:
  Cyanotic heart disease
Gastrointestinal:
  IBD
  Liver disease
  Celiac sprue
  Juvenile polyposis coli
Infectious:
  TB
  Infective endocarditis
  Chronic parasite infection
  HIV
Endocrine:
  Thyroid disease
Vascular:
  Venous stasis
Psychiatric:
  Laxative abuse
Multisystem:
  Lupus erythematosus
  CINCA syndrome (chronic, infantile, neurologic, cutaneous and articular)
  POEMS syndrome



「COPD患者にばち指を認めたら、肺癌を疑って胸部CTを撮影しなさい」とは、
「ティアニー先生の診断入門」の“Top ten list of clinical pearls”から。
上述のように、COPDのみではばち指は稀ですからね。
[PR]
by tobbyK | 2008-11-20 23:08 | 診察