2011年 01月 14日 ( 1 )

喘息発作へのモンテルカスト上乗せ効果について。


Oral montelukast in acute asthma exacerbations: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial
Thorax 2011;66:7-11
 
英国のNorfolk & Norwich University Hospitalより

Background
ロイコトリエン拮抗薬は喘息のコントローラーとしてはエビデンスがあるが、急性期における効果は明らかではない。

Methods
対象:入院必要な87例の成人
    ⇒無作為に、montelukast群とplacebo群に分類
介入:夕方にmontelukast 10mg服用×4週間(退院後も服用すると言う事)
    全症例呼吸器科医にコンサルトの上入院
    BTSのガイドラインに基づいたfull careを受ける

primary end point:入院翌朝のPEF(気管支拡張薬使用後)の差

Results
73例で検討できた
入院時:montelukast群(n=37)…227.6±656.9 l/min (47.6% predicted)
     placebo群(n=36)…240.3±699.8 l/min (49.6% predicted)
  ↓
入院翌朝:montelukast群…389.6±6109.7 l/min (81.4% predicted)
      placebo群…332.3±6124.9 l/min (69.8% predicted)
       (p=0.046)

群間のPEFの平均差は57.4 l/min (95% CI of 1.15 to 113.6 l/min or 1.95-21.2% predicted)

Conclusion
喘息発作での入院後、経口montelukast追加は翌朝のPEFを改善させる



 追試してみたいです。
[PR]