肺の結節影 2

肺の結節影についての勉強ノートをまとめていたら、かなり長くなってきました。
続くかな・・・

さて、CTによる結節影の性状評価→鑑別診断に入る前に、
肺結節影の鑑別疾患の整理をしておきます。

その2:孤立性結節影の鑑別診断~単純X線写真による鑑別まで

【孤立性結節影の鑑別診断】
有名な(?)VINDICATE-Pにのっとって。
V (vascular/cardiogenic):肺動静脈奇形、肺動脈瘤、肺梗塞、血腫、葉間胸水
I (infection): ウイルス(インフルエンザ、水痘帯状疱疹、サイトメガロ、麻疹)
          寄生虫(肺吸虫、ブタ回虫、イヌ糸状虫、エキノコッカス)
          抗酸菌(結核、非結核性抗酸菌)
          真菌症(アスペルギルス、クリプトコッカス、ムコール、カンジダ)
          細菌性肺炎・肺化膿症
          マイコプラズマ肺炎
          敗血症性肺塞栓症
          放線菌・ノカルジア症
  (*inflammation): 非特異的炎症性結節、限局性器質化肺炎、
              *気管支中心性肉芽腫症、*サルコイドーシス、*アミロイドーシス、
              *炎症性偽腫瘍、*Wegener肉芽腫症
         (*は、分類が微妙な疾患。とりあえず炎症に分類しているのであしからず)
N (neoplasm): 原発性肺癌、転移性肺腫瘍、悪性リンパ腫、カルチノイド、
            異型腺腫様過形成(AAH)、
            pulmonary epithelioid hemangioendothelioma(昔のIVBAT)、
            過誤腫、硬化性血管腫、
            multifocal micronodular pneumocyte hyperplasia(MMPH)?
D (degenerative): なし
I (intoxication/exposure): 塵肺結節
C (congenital): 気管支原性嚢胞(肺野型)、気管支閉鎖症、肺分画症
A (autoimmune・allergic): リウマチ結節
T (trauma): 血腫
E (endocrine): なし
O (other): 肺内リンパ節、粘液腺、円形無気肺

 *追加がありましたらコメント宜しくお願いします。

【単純X線写真での鑑別】
20mm未満の結節影の90%が良性 
  [Radiology 1993;186:405-413, Radiology 1993;186:415-422]
・びまん性の石灰化を示す結節影は、ほぼ全てが結核腫
・10mm未満の小結節影が、肋骨と同等かそれ以上に明瞭に見えれば石灰化としてよい
 低圧撮影の方が石灰化は見えやすく、現在の主流の高圧撮影では石灰化の指摘は
 結構難しい                      [AJR 2001;176:201-204]

                ・・・次回はCTでの評価法について
[PR]