浦安市と、動的平衡


~「浦安」の由来~ 

初代浦安村村長である新井甚佐衛門が「浦(海)やすかれ」と言ったのと、心安らかにという願いが込められたものとされる。
日本書紀第3巻神武記の一節に「昔、伊弉諾尊(イザナギノミコト)この国を名づけて曰く、日本は浦安の国」と記されている。また、浦安は日本(大和)の古称・美称である。 
                          (Wikipediaより)


本日は千葉県浦安市に来ています。
妻の友人の結婚式があり、その間子供の面倒を見るためです。
本日は寒く、小雨もぱらついてきました。
「浦やすし」って感じではありません。

ディズニーランドにも生まれて初めて行きました。
エレクトリカルパレードは綺麗でしたが・・・
やはり仕事をしている方が楽しいと思いました。
娘は楽しそうでしたが。


ところで、ベストセラーの「生物と無生物の間」で有名な、
福岡伸一氏の対談をたまたま見ました。
ルドルフ・シェーンハイマーの「動的平衡」の話で、
鴨長明の「方丈記」の一節が出てきたりして、話が上手いなぁと感じました。

私たちの身体は、全体的には毎日同じようでも、
分子レベルでは常に入れ替わっています。
家族、会社、地域、国・・・世界も同じだと思いました。

と、言う事は、目の前の仕事が片付いたように見えても、
また新しい仕事が増えるだけなんでしょうね。
私が「動的平衡を止める=仕事を辞める」ことをしない限り・・・
しかし仕事を辞めると、私の家計の動的平衡が保てないし・・・

あ、ディズニーランドをホテルの部屋から眺めると、まさに動的平衡。

鴨長明風に言えば、

「行く客のながれは絶えずして、しかも本の客にあらず。
よどみに出現するキャラクターやパレードは、
かつ消えかつ現れて久しくとゞまることなし」


さ、子供たちが寝ている間に仕事しよう・・・
[PR]
by tobbyK | 2009-11-22 17:14 | 徒然