海の天主堂


c0177128_22522765.jpg


今から440年前に異国の宣教師によって建てられ、

ここを中心に布教が広まるも、

その約70年後には禁教令が出て弾圧が始まり、

毎年踏絵を踏まされ・・・

明治に入ってやっと公に信仰できるようになり、

今でも400人の村人が毎日祈りを捧げているとのこと。



漁村の景色と教会の組み合わせが不思議と違和感が無く、
非常に美しかったです。



つかの間の休日に、心が洗われました。



-新型つづき-

しかし、感染症学会といい、この記事といい・・・
科学的な議論は置いておいて、現場サイドではとにかくタミフルを出しておかないと、患者さんが重症化した場合の責任がますます重くなりました。

在庫大丈夫かなぁ・・・
[PR]
by tobbyK | 2009-09-21 23:06 | 徒然