パルスオキシメータについておさらい


本日は軽いおさらいです。

新しいネタを読む気力がない、とも言いますが。



『パルスオキシメーターについて』

A. 原理
・組織に光を当て、血液の透過光の吸光度を測定する
 →そのうち、心臓の拍動に一致して変化する成分が動脈血であり、この成分の酸素飽和を算出
・酸化ヘモグロビンは赤外光(波長940nm前後)、還元ヘモグロビンは赤色光(波長660nm前後)を吸収するため、この2つの波長の光を当て、吸光度を測定することでそれぞれの相対濃度を算出し、酸素飽和濃度を決定する。
・SaO2=HbO2/(HbO2+Hb):銀座のタクシーと人の関係
・SaO2とPaO2との関係は酸素解離曲線に示される。SaO2 90%でPaO2 60 Torrは大切な目安であり、これ以降PaO2の低下に伴いSaO2は急速に低下し、組織への酸素供給が著しく低下することを理解しておく。

B. プローブ
・透過型プローブ:指、耳
・反射型:前額面、胸壁

C. 注意点:以下の場合は正確な測定が出来ないため、注意を要する
1. 拍動をうまく捉える事が出来ない場合
 ・プローブの固定が強すぎる
 ・右心不全による静脈圧の上昇
 ・三尖弁閉鎖不全
 ・高い呼気終末圧
 ・血圧計のカフを上腕に巻いている
 ・末梢循環障害
 ・不整脈
 ・体動

2. 吸光度の問題
 ・爪のマニキュア
 ・色素の血管内投与
 ・周囲の過剰な照明

3. その他
 ・ヘモグロビンの酸素の飽和度を測定するのみであるため、貧血に注意する必要がある。
  また、ヘモグロビンが5 g/dl以下では測定誤差が大きくなる。
 ・鎌状赤血球症では、数値が信頼できない場合がある。
 ・メトヘモグロビン血症では、変化したヘモグロビンからO2が離れにくくなるため、
  SpO2が高値でも組織は低酸素状態となるので注意が必要。
 ・COはO2よりもヘモグロビンとの親和性が12倍高く、ヘモグロビンと結合した場合
  非常に明るい赤色を呈するため、一酸化炭素中毒の場合SpO2が高値となる。
 ・CO2は測定できないので、高炭酸ガス血症を伴う場合に注意を要する。




 ・・・結構前に作成したものですので、間違いがあればご指摘ください。
[PR]
by tobbyK | 2009-04-14 15:47 | 検査