新幹線で読書


東京出張から、やっと大阪に帰り着く。

東京は寒かった・・・

以前から気になっていた本を、新幹線で読む。

「平成経済20年史」
紺谷 典子 (著)  (幻冬舎新書 こ 9-1)

平成の20年間の日本経済史を振り返ったもの。
バブル崩壊後から現在までの流れが分かったのは良いのですが、結論が「大蔵省のせい、アメリカのせい、なんたらのせい・・・」、ちょっと読むのに疲れる・・・
「平成20年史」の「政治版」と「宗教版」も出ているので、そちらも読む予定。



「風花病棟」 
帚木 蓬生 (著)

「閉鎖病棟」で有名な著者(精神科医)。
医師だからこそ感じるリアリティがあります。
まだ読みかけですが、淡々とした感じがとても良いです。


新幹線は本がゆっくり読めて好きです。
[PR]
by tobbyK | 2009-03-04 19:35 | 徒然